11-12月号いかがですか?

  • 2012.11.13 Tuesday
  • 08:46
 おはようございます。
なんとなく、自宅PCの調子が悪く、(この「なんとなく」という所にシロウトの危うさがにじみ出てますでしょう?)、さあ、書こうと思ったタイミングと調子が合わず、間が空いてしまいました。
直接購読のみなさまのお手元には『日本児童文学』11−12月号<特集・児童文学のクエナイハナシ>が届いていることと思います。
いかがですか?
編集後記をお読みになって、私西山が編集長を務める最後の号だったことにお気づきになり、涙に暮れていらっしゃる読者様もいらっしゃることと思います。(冗談です。気にしないでください。)
このブログはどうなるのだろうと、うっすら気にしてらっしゃる方もいらっしゃることでしょう。
年内は、現在出ている雑誌の編集長であることに変わりはありませんので、もうしばらく、気ままに書かせていただきます。
そのあとは、当ブログはいずみたかひろ編集長が引き継がれます。
そして私は・・・・・・消え去るほど控えめにできていないので、新規開店いたします ま、詳細はいずれ。
今日は、小峰書店で販売会議です。
日曜日は文学フリマです。
12月1日は井戸端会議です。

引き続きのご支援を心よりお願い申し上げつかまつり候

今年もちゃんと彼岸花

  • 2012.10.04 Thursday
  • 21:07
 今年もまた、私は忘れていたのに、彼岸花は忘れず顔を出しました。

くまの子ウーフが、卵はまちがえないねと感心する場面をまた思い出しました。
ぽんとわったら、ちゃんと白身と黄身がでてくる。ぼくはすぐ間違うのに・・・って。

次の瞬間、ぽんと割っても、白身と黄身が出てこなかったら?とふと想像して、ぞぞぞーっとなりました。自然は、たいてい間違えないで偉いのですが、遺伝子を傷つけて間違えさせる放射能・・・・・・

みなさま、「9−10月号」、いかがですか?

「日本児童文学」こんな売り方もアリ!

  • 2012.10.02 Tuesday
  • 10:14
 また、揺れましたね。
ちょうどPCをいじっていたので、地震速報の詳細を見ると、なんて、なんて、頻繁に揺れているのでしょう!改めて、http://www.jibunkyo.or.jp/seimei.html
さて、表題。
昨年11−12月号<音楽の文学>特集号に総論をご執筆いただいた井上征剛さんが、先月札幌でのコンサート会場で雑誌を並べてくださいました
初めての試みながら、仕入れた半分が売れたとのこと
ありがたいなぁ。
まさしく音楽と文学のコラボです。
いろんな特集がございます。
いろんな形で広めてくださいませ。
こんなところで、こんな形で売りました!のご報告お待ちしています

ふぇいすぶっく

  • 2012.09.26 Wednesday
  • 22:55
 日本児童文学者協会のHPを開いたら、見慣れないものがあるので、くりっくしてみたら、あらびっくり!これが、「ふぇいすぶっく」なるものですかぁ。
いっちばん下(というか、はじめ?)が1946年3月17日の設立!
なんか、こう、かんどー的でした。

昨日、11−12月号の校正でした。
特集は<児童文学のクエナイハナシ>。
これまた、そうとう面白いことになってますよ。

先ですが、その、11−12月号の井戸端会議は12月1日土曜日にしましたので、ご予定おきください。
その前に、9−10月号の井戸端が10月21日(日)ですよ。

そうそう、昨日、読売新聞さんに取材していただきました。
600号と601号を持った写真入りで、10月13日夕刊掲載の予定です。

うまく、雑誌のアピールができなかった気がしていますが、記者さんがきっとうまくまとめてくださることでしょう

9−10月号 できました!

  • 2012.09.07 Friday
  • 12:48
9−10月号、<3.11と児童文学 供笋任后 早速、「いわむらかずおさんの絵が3・11とリンクして、表紙からしてグツときました。」というご感想をいただきました。 自信を持ってお送りする一冊です。 隅から隅までお読み下さいませ! そして、いろんな人と語ってください。 広めてください。 お願いしますニッコリ

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM