児童文学学会広島大会特設分科会報告 4

  • 2013.11.19 Tuesday
  • 18:45
まだ続きますあはは

分科会に戻ります。
お三人の発言を伺った後フロアからのご意見を頂きました。
最初に手を挙げてくださったのは、福島の方で、逃げるに逃げられず、数値と健康の問題に直面している子どもたちにどんな作品を手渡すのか。ヒロシマの物語を読んで、福島の子どもが希望を見いだすのか、おびえるのか・・・といったご質問でした。
この問題をあくまでも、それぞれのお考えで、文体意識など加えてお応えして欲しいと、再び発言者にマイクを戻しました。
三浦さんは、児童文学は希望の文学であるという点が一般文学と違うところ。自分は「ヒロシマは生き延びた」ということを伝えたいとおっしゃいました。
中澤さんは、フクシマにもヒロシマにも関係ないものを書いているが、3.11の前も後も、私は私のスタイルで私が書きたいものを書く。ただ、作家としてというより一市民としてやっている日々の活動を通して(これも、先の対談をご覧下さい!)、そういう視点を持つ自分が、どう「私たちの問題」として書けるか、という問題だと思うとおっしゃいました。(私がそう理解しました。)
皿海さんは、センチメンタルは排さねばならない。ただ、問題提起のまじめさや本能的正義を大切にするのが児童文学だと思う。(そういうものを大切にしたい)
次に出る同人誌『牛』に、これ!という作品(皿海さん作ではなく、お仲間の)が載るそうです。期待して待ちましょう。
そして、最後の最後にフロアのIさんからから以下二冊、是非読んで欲しいと紹介がありました。
菅野雪虫『天山の巫女ソニン 江南外伝』(講談社)
一色悦子『さよならのかわりにきみに書く物語』(随想舎)  
http://www.zuisousha.co.jp/book6/978-4-88748-280-7.html

「新しい<長編>戦争児童文学」の原稿受付が始まりました。
12月15日が〆切です。
方法はいろいろあるはずです。
投稿に向けて最後の仕上げに打ち込んでいらっしゃる皆様、楽しみにしています!

昨日は理事会でした

  • 2013.02.13 Wednesday
  • 09:23
 水曜日は雪の日?
粉砂糖をふったような景色は、あっという間に日に溶けて淡雪流る状態です。


昨日の理事会では、総会参加者がもっと増えるにはどうすればよいかなどなど、活発に意見・アイディア交換がなされました。
日本児童文学者協会の総会って、参加者全員が一言ずつ発言する場面があるんですよ。ご存じでした?昨日も出ていたのですが、そこでのいろいろな発言に学ぶことが多いんです。いままで名前しか存じ上げなかった方のお顔と名前が一致する場でもあります。
なんか、こう、役員が眉間にしわ寄せて一方的に報告するのを退屈しながら聞いてやりすごす、とかいう総会イメージとは全然違うんですけど、これ、出たことない方には伝わっていませんよねぇ。
より実のある総会になるよう工夫しますよ、6月1日(土)、お楽しみに!

Kこぞって・K来てね・Bベイビー! ろっくんろ〜る?

秋立った?

  • 2012.08.08 Wednesday
  • 10:52
 陽射しは強いものの、心なしか秋の風、ひんやりしています。
近況報告
5日(日)久しぶりに、柏のハックルベリーブックスへhttp://www.huckleberrybooks.jp/。黒川みつひろさんに会いに行った次第。まだ口も回らないようなちっちゃい子が、聞いたこともないような恐竜の名前を出してたどたどしく語る姿が実に微笑ましかったです。
25日〜31日の「震災で消えて小さな命展」も要チェクですよ、みなさま。
同日、その足で「原発事故国会事故調報告」に関する講演会へ。写真や図解で、それなりに理解。会場でもらった「電気料金の自動引き落としをやめよう」というチラシが興味深し。

6日(月)、元同僚の友人達と映画&食事。始めて食べたポルトガル料理。うまい!ポルトガルも行ってみたいなと思えるおいしさでした。

7日(火)、日本児童文学者協会常任理事会。そこでちょっと出た話。公立図書館の逐次刊行物の予算組は9月くらいから始まるのだそうです。みなさま、地元図書館に「日本児童文学」は入っていますか?購読なさっていても、どうぞ、ときどき図書館へリクエストしたり、借り出したりしてください!最近、図書館にも「モンスター」が現れるのだそうですね。びっくり。「税金の無駄遣いだ。個人で買えばいい。」みたいなことをカウンターにねじ込むのが。
動いている実績のあるなしが、鍵を握ることがあるかもしれません。

そして、今日は、午後、吹奏楽コンクール埼玉県大会を聞きに行く予定。娘の出身中学が出るので、あのドキドキをもう一度

で、この間、11−12月号掲載の「児童書編集者座談会」を整えております。
あとちょっと。


11-12月号掲載「編集者座談会」構成中

  • 2012.08.02 Thursday
  • 18:41
こんにちは。 本日のお昼の気温はこのくらいでした。 35度を下回ると、ねこの形が保たれていますね。 本日ようやく、11−12月号掲載座談会のテープ起こしに着手しました。 乞うご期待であります。

9−10月号の扉のために

  • 2012.07.30 Monday
  • 10:41
おはようございます。 現時点のここらの気温はこのくらいです。
今日は、これから支度して、浦和の「原爆から原発」展に行きます。 http://edc.jibunkyo.main.jp/manage/?mode=write&eid=258
映画「ひろしま」と、「内部被曝を生き抜く」を観ます。
行き帰りの電車では朽木祥の『八月の光』を読みます。
その上で、9−10月号の扉を書こうと思っています。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM