映画「叛乱者たち」

  • 2014.05.09 Friday
  • 00:46
ボリビア映画「叛乱者たち」http://www.jca.apc.org/gendai/ukamau/index.htmlを観てきました。
ウカマウ集団という、南米ボリビアの映画集団の最新作です。
私は、過去に3.4本観たことがあるのですが、日本に限らず世界でもあまり目をむけられることのない、アンデスの先住民族の虐げられた歴史や、権利主張、死生観や文化を、実験的な手法(?単に、「先進国」の映画になじんだ目にそう映るだけか?)で荒削りなストレートでぐいぐい展開する映画です。
今回の最新作は、ボリビアで初めて先住民族の大統領が誕生したことを、スペインからの独立時まで、さかのぼりながら、
先人たちの闘いが現代に結実したものとして描き出していました。
アンデスの荒涼たる風景と、6000メートル級の山、
民族楽器の太鼓や笛、
銃声、怒号、大砲に刃向かう投石、抗議の声、声、声

人権を自分のものにするために、どれほどの血が流され、
しかし、絶えることなく、叛乱してきたことか。
16日まで、過去の作品も一挙上映しています。
お薦めは「地下の民」と新作「叛乱者」。

価値観がリセットされる感じがあります。
 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM