あんぱんまん

  • 2013.10.17 Thursday
  • 21:30
みなさま、台風の影響はいかがでしたでしょうか。
強風吹き荒れる中、受け取った新聞の一面はやなせたかしさんの訃報でした。アンパンマン

勤め先の学校で、今年、「国語表現」という授業を担当しています。
大変楽しく取り組ませてもらっています。
クラス全員、物語リレー(書く)か、声で何かを伝えるスピーチ(話す)か、
それぞれ得手不得手もあるので選択してもらって毎時間授業冒頭で発表してもらっています。
(中には両方やりたくてどちらもエントリーって生徒もいますが)
私が最初に絵本を読んだせいか、絵本を持ってきて読み、それを持ってきた理由などを述べるという生徒が多くなっています。
もっといろんな形でやって欲しいという気持ちもありますが、
どんな絵本を持ってくるか、高校二年生の理系コースの生徒たちがそれにどんな反応を示すか、実に興味深いものがあります。

さて、本日発表してくれた女子生徒が、やなせたかしさんの逝去を受けて、
『あんぱんまん』(フレーベル)を読んでくれました。
「アンパンマン」になる前の、最初の絵本です。
普通のヒーローはきれいなまま帰っていくけれど、あんぱんまんは人を助けてぼろぼろになって、帰っていく。
それが、本当のヒーローじゃないかと思ったそうです。(幼いときの感じ方と、現時点で考えたことと、まだ詳しく聞いていません。)

「正義の味方は、格好悪い方がいい」
やなせさんの言葉だそうです。(新聞より)

伝わってますね。

悲惨なほど顔を食べられちゃって、夕焼け空を飛んでいくあんぱんまんに、なんだが涙腺が緩みそうでした。
いいタイミングで、良い紹介をしてくれた彼女に感謝しています。アンパンマン




 

68回目の8月6日

  • 2013.08.06 Tuesday
  • 18:24
 広島の追悼式典に放送されている時間だけ、テレビで気持ちだけ参列しました

総理大臣の挨拶には、たいていどの面下げてと思うのですが、今年はまた一層腹立たしい思いで見ていました。(子ども代表はとてもよかった。)
そして、思ったのが、「ねじれ」は正すべきと言うんだったら、この「ねじれ」はどうよ、という思い。
1)今年四月、「核の不使用」共同声明に「唯一の被爆国」日本が署名しなかったこと。
2)「福島事故を経験した日本だからこそ世界一安全な原発を提供できる」と輸出を促進する理屈。

こういうのは、ねじれとは言わないんでしょうか。
いわないのかな。
ねじ切れとるもんなぁ。
死者の魂が安らげないと、思います。

引き続きNHKを観ておりましたが、そこでの感想やらなにやらが、濱野京子さんのブログに書かれていることと結構、重なるので、以下手抜きです。
http://718jingzi-b.cocolog-nifty.com/blog/

あれから18年・・・

  • 2013.01.17 Thursday
  • 20:02
 1月17日でした。
私は母方の親戚がみな神戸に住んでいるので、あの日の、無事が分かるまでの半日、上の空で出勤していたことを思い出します。あのときは、まだ携帯電話など持っていなかったのでした。勤め先の公衆電話で、休み時間毎に電話していた記憶があります。
昨年『日本児童文学』に連載してもらった、「石を抱くエイリアン」の偉生や市子たちは、この年の生まれです。
18年は、長いのでしょうか、短いのでしょうか・・・・・・

中尾明さんを偲ぶ会

  • 2012.12.09 Sunday
  • 21:57
 昨日は中尾明さんを偲ぶ会に参加してきました。私は日本児童文学者協会の役員として、そしてなにより、児童文学評論研究会の仲間としておつき合いさせていただいておりました。参加者の多彩さに、中尾さんのフィールドの広さを再確認したことでした。
受付脇に、中尾さんがお書きになった本がたくさん並べられていて、記念に一人二.三点持ち帰って良いというではありませんか!
私がいただいた本は・・・
『原ばくスパイ0号』1967年に岩崎書店から出た一冊。
このタイトルですが、「おはなしノンフィクション」シリーズ全二〇巻の三巻目(『コンチキ号のぼうけん』などが入っているシリーズです。)
このタイトルだけど、ノンフィクション?!
あとがきを見ると
「世界で一番大きなスパイ組織は、アメリカのCIA(中央情報局)です。」とかって内容です。
なんだか、ドキドキしませんか!どんなノンフィクションですか、これ!
非常に非常に、気になりつつ、本文を読むのはしばしお預け。期末テストが先です。

そして、このあとがきの末尾に二行と三文字、直筆の加筆があります。
これが、すてき!

中尾さん、その辺の話もうかがっておくべきでした・・・おやすみなさい、中尾さん

ご準備にご尽力くださったみなさまに、心より感謝いたします。

今日は9.11

  • 2012.09.11 Tuesday
  • 20:28
 39年前、1973年の9月11日、南米チリのアジェンデ社会主義政権がCIAを後ろ盾にしたピノチェトの軍事クーデターにつぶされました。
2001年の9月11日から、はや11年経つのですね。あのとき、「ビルが崩れるマネ」をしていた娘が今や花の女子高生で、今、突然の「料理したい気分」で夕飯を作ってくれています。

そして、東日本大震災からはまだ、一年半です。

クーデターその日に拉致されたシンガーソングライター、ビクトル・ハラ。
歌い続け虐殺されたビクトル・ハラの、「平和に生きる権利」を聞きながら、これを書いています。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM