『さくら坂』『まんぷく寺でまってます』出版お祝い会

  • 2016.10.02 Sunday
  • 13:10

昨日は、千葉朋代さん『さくら坂』、高田由紀子さん『まんぷく寺でまってます』のお祝い会に参加しました。

当協会の長編児童文学新人賞の選考委員として『さくら坂』(応募時は「脚葬」)に関わったご縁からお声かけいただきました。

お仲間の、心のこもったお祝いの言葉の端々から、お二人の作品が作者だけのものではなく、切磋琢磨の中からまさに磨き上げられ、鍛え上げられて世に出たのだなぁと、しみじみしながら、おいしいお料理をぱくぱくしておりました。

奇しくも?

いや、時代の必然、というか、この時代に子どもに向かって物語を紡ぐ者の誠実の現れといいましょうか、

グレードの違う二作は、共に、大切な存在の喪失を経て、それでも続いていく人生をどうやって受け入れていくのかという、とても根源的なテーマに応える作品だと、私は読んでいます。

喪失から目をそらしたり、気をそらしていたずらにポジティブになるのではなく、

どうやって、喪失を抱きしめていくのか。

 

がっかりさせるようなことの多い時代に、あきらめ上手になってはいけない。

 

このblogでも書いたことがあったかもしれませんが、私は学生時代に聴いた原子物理学者高木仁三郎さんの言葉を座右の銘の一つにしています。

「徹底的なペシミズムをかいくぐったオプティミズムは強い」(何しろ、33年前に聞いた言葉、そのままではありませんが)

 

最近の日本は、不安で不安で、恐いことから目をそらせようと狂躁状態になっているように思えることがあります。

そういうんじゃなくて、ゆったりどっしり不安や危機と向き合う人が出てくる本を読むと、体の芯が励まされる気がします。

 

すてきな作品がちゃんと世に出て良かったです。

おめでとうございました。

 

みなさま、公開研究会「児童文学のいまそしてここから」http://jibunkyo.main.jp/index.php/event/archives/18まであと二週間となりました。

私たちは、ここからどんな作品を世に送り出していくのか。

集い、語り合いましょう!

 

  • 0
    • -
    • -
    • -

    アレッポの天気

    • 2016.09.30 Friday
    • 23:47

    しばらく前に、iPhoneに替えました。

    天気のページ(いや、ページとは言わんだろうと思いつつ)、職場、自宅、家族の住む町、と東から西へ並べてみています。

    そこに、アレッポを加えてみました。

    iPhoneを開けて、天気を確認するたびに、アレッポの時間と、天気と気温も見ることになります。

    とてもささやかなことですけれど、縁の地になります。

     

    さて、10月になろうとしています。

    公開研究会は16日です。http://jibunkyo.main.jp/index.php/event/archives/18

    お申し込み、告知のご協力引き続きお願いします!

    • 0
      • -
      • -
      • -

      19日の国会前で

      • 2016.09.22 Thursday
      • 23:06

      今日も雨でしたね。雨の中、「さようなら原発」の集会に参加されたみなさま、ありがとうございます。

      19日、冷たい雨でした。

      銀杏の臭いに、ああ、一年!と思いました。

      私の前に、母娘と見受けられる年配の女性が立っていました。

      とても小柄な年配の女性は、フード付きのパーカを着て、だまってプラカードを持って立っていらっしゃいました。

      娘とおぼしき女性はときどき彼女を気遣っています。

      カンパのお願いが聞こえたとき、老婦人はポケットからさっと、四つにたたんだ1000円札を出されました。

      その用意の良さと、しずかなたたずまいに彼女の思いが満ちて、あふれているように思いました。

      方や、私。

      カンパ袋が動き出して気がついたんです。

      お財布忘れて出かけてたことに・・・・・・。

      ゆかいなサザエさん状態やれやれ

       

      公開研http://jibunkyo.main.jp/index.php/event/archives/18、参加、宣伝よろしくお願いします。

      • 0
        • -
        • -
        • -

        19日だ。国会へ行こう!

        • 2016.09.19 Monday
        • 11:32

        こんにちは。

        今日は子どもの本・九条の会の仲間や、児文協の仲間(ほぼ重なってますが・・・)と、

        「戦争法廃止!9.19国会正門前行動」に行きます。

        (はい、早速使っている数字やれやれ

        「子どもの本・九条の会」ののぼり旗大を持参する予定でしたが、確実に雨なので小にします。

        15:15桜田門駅の1.2番出口方面改札で落ち合います。

        誰かと合流したいなぁとお考えの方、よろしかったら。

         

         

        • 0
          • -
          • -
          • -

          公開研をよろしくお願いします。

          • 2016.09.17 Saturday
          • 13:43

          ご無沙汰してしまいました。

          『日本児童文学』直接購読のみなさま、会員のみなさまには、10月16日開催、公開研究会チラシがお手元に届いていると思います。

          分科会で別れてしまうと、他も聞きたい!と悩ましい所ではありますが、終了後の懇親会で他分科会の参加者とも交流できますので、その機会もご活用いただけると幸いです。詳しい内容はこちらこちら

          http://jibunkyo.main.jp/index.php/event/archives/18

           

          ご宣伝いただけると嬉しゅうございます。

           

          先週、久しぶりにアーサー・ビナードさんの講演を聴きました。

          演題は「ローマ字と数字の歴史はスルリと流れていく」。

          一回休憩を挟んだとはいえ、4時間に及ぶ、講演。I保育園の子どもたちもたくさん聴きに来ていて、子どもたちを適宜まきこみながらのそれは、話芸というか、ショーの域に達していました。

          さて、考えさせられた一点を簡単にご報告します。

           

          ビナードさんは、例えば「9.11」という呼び方が定着するまでの流れも語った上で、

          自分の「あの日」を、会場を存分に笑わせながら紹介。

          氏は、友だちの結婚式のために渡米する予定で、留守中の世話を託すべく、長年飼育している鈴虫のガラスケースを抱えて友だちの家を訪ね、そこで事件を知ったとのこと。

          でも、あの事件と鈴虫の件はまったく関係がない。次元の違う、関係ないことを想起することで、事の本質を見なくなるという指摘でした。

          「3.11」もしかりとおっしゃって、私は考えさせられました。

          「あの日」をリアルに思い出すことは、国の責任を問うていくことにもつながる足場としての力を持つと思います。

          しかし、前提として出されたエピソード、

          軍備を正当化するときに言われる「戸締まり論」が、国の安全保障という次元を「家の戸締まり」というレベルに置き換えるのが、どんなにずるい置き換えかという批判

          はよくわかりました。

           

          我が身に引きつける想像力は大切です。

          児童文学は、さまざまなテーマでそれを結構やっていると思います。私は、それを大切な視点だと思っています。

          でも、次元の違う置き換えは、事の本質を見失わせるという指摘は肝に銘じておきたいと思いました。

          戦争を説くときに、ともだちとのけんかを持ち込む言説はよくお目にかかりますが、それは、戦争の本質につながる論議にはつながっていかないでしょう。

           

          子どもたちにわかりやすく説明するための工夫は尽くされて当然です。

          ただし、そのときに問題を矮小化したり、すり替えたりしていないか、厳しく見極める必要があると考えさせられました。

           

           

           

          • 0
            • -
            • -
            • -

            calendar

            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << July 2019 >>

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM